【 介護職員の賃上げ 】介護職員処遇改善支援補助金の対象は?

去った11月、政府は介護職員の賃上げを盛り込んだ補正予算案を閣議決定。令和4年2月から実施するとして、厚生労働省からも具体的な支給ルール(案)が発表されました。

対象の介護職員の収入増加は3%程度(月平均9,000円)とされており、必要な経費が各都道府県に交付されます。今回は補助金での処遇改善となり、期間は令和4年2月から9月までが対象です。令和4年10月以降は新たな加算を創設して継続していく、という方向で検討されています。

22057829_m

介護職員処遇改善支援補助金の対象は?

厚労省の発表では対象となる職種は『介護職員』となっています。
ただし、事業所によって柔軟な対応が可能なようです。

補助金の交付率(案)は以下のように発表されました。

サービス区分交付率
訪問介護 2.1%
夜間対応型訪問介護
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(介護予防)訪問入浴介護1.0%
通所介護 1.0%
地域密着型通所介護
(介護予防)通所リハビリテーション0.9%
(介護予防)特定施設入居者生活介護 1.4%
地域密着型特定施設入居者生活介護
(介護予防)認知症対応型通所介護2.1%
(介護予防)小規模多機能型居宅介護 1.6%
看護小規模多機能型居宅介護
(介護予防)認知症対応型共同生活介護2.0%
介護老人福祉施設1.4%
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
(介護予防)短期入所生活介護
介護老人保健施設0.8%
(介護予防)短期入所療養介護(老健)
介護療養型医療施設0.5%
(介護予防)短期入所療養介護(病院等)
介護医療院 0.5%
(介護予防)短期入所療養介護(医療院)

介護職員以外の職種にあたるケアマネや栄養士、看護師などは今回の対象からは外れていますが、事業所によって柔軟な対応を認めると発表されているので他の職員に充てるという運用も可能と考えられます。

介護職員処遇改善支援補助金の申請方法は?

介護職員処遇改善支援補助金の申請は各事業所が行います。

介護職員・その他職員の月額賃金改善額を総額で記載した計画書を作成し、都道府県に提出します。その後も実際に賃上げが行われているかの確認として、賃金改善計画の実績報告書も必要となりますので忘れずに行いましょう。

ここが重要!補助金の取得には要件があります

今回の介護職員処遇改善支援補助金の申請には要件があります。

その要件とは、『処遇改善加算Ⅰ~Ⅲのいずれかを取得している事業所』であること。そして、『令和3年度中(令和4年2月から3月)に実際に賃上げを行っている』こと。

この二点を満たしている必要があります。

というのも、今回の補助金という形での措置が、民間部門における春闘に向けた賃上げ論争に先んじて行われるものであり、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」の令和4年2月から前倒しで実施するという趣旨を踏まえての措置であるためです。

また、事業所側は補助額の三分の二以上はベースアップ等の引き上げに使用しなければならないとされています。

↓こちらの記事もご参考下さい↓

【特定処遇改善加算】をわかりやすく説明すると?

【令和三年度】特定処遇改善加算が変わる!

今後も賃上げの動向に注目

未だ(案)の段階であったり、日々新しい情報が発表されている『介護職員処遇改善支援補助金』。

介護職員の処遇改善が急がれる中、今回の賃上げ措置によって、より良い方向に進んでいくことを願いたいですね。本記事でも最新の動向を追っていき、新情報が発表され次第、引き続き更新してまいります。

いつでも最新版で使える介護ソフト『ナーシングネットプラスワン』

ナーシングネットプラスワンは法改正の対応も自動アップデートいたします。ICT補助金や情報連携の標準仕様やLIFEへの出力にも対応しています。
介護ソフトの導入や乗り換えをご検討の際はぜひお問い合わせください。

▶ 自動アップデートでいつでも最新版!ナーシングネットプラスワンの機能紹介

介護事務作業でお困りですか?まずは3ヵ月無料でお試しください。