介護に関するニュース

介護に関するニュース

【介護報酬の請求、5月の期限は10日ではなく13日 10連休に配慮 厚労省】

新しい元号も発表され10連休まで1ヵ月をきった。今年のGWは前例のない長さで事業所の請求事務にも影響が及ぶ。
4月サービス提供分(5月提出分)の介護報酬の請求明細書は、その国保連への提出期限を通常の5月10日までではなく5月13日までとする − 。厚生労働省がそう発表しました。4月27日から5月6日までの10連休の影響に配慮ということです。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg531.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【1万2038人の社会福祉士が新たに誕生! 合格率は1.3ポイント減の28.9%】
厚生労働省は15日、今年度の第31回社会福祉士国家試験の結果を公表しました。
4万1639人の受験者に対し、合格者は1万2038人。合格率は前回より1.3ポイント低い28.9%でした。合格率は6年前の例外を除き、ここ10年は概ね20%台後半で推移しています。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg398.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【介護福祉士の未来を自ら切り開く! 55人の「認定介護福祉士」が誕生】

熟練した介護福祉士が次に目指すステップとして創設された認定介護福祉士 − 。その誕生記念イベントが3日に都内で開かれました。今年度までに55人が養成研修を修了。初めてその肩書きを手に入れました。この制度を推進する日本介護福祉士会は、広く社会に認知してもらえるよう普及に努めていくとしています。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg379.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【NCCU「ケアマネが憧れの職種ではなくなってしまう」 介護職員との賃金逆転を懸念】

介護の現場で働く人でつくる労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は1月31日に会見を開き、昨年の賃金実態調査の結果を公表しました。
介護職員の賃金が相対的に高く上がり、少しずつケアマネジャーの水準に近づいてきていると報告。介護報酬の「処遇改善加算」の拡充が背景にあり、今年10月の賃上げでこうした傾向がより顕著になるとの見方を示しています。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg337.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【認知症だって働ける! 農業や食堂で生きがい作り 介護の地域支援事業で展開へ】

厚生労働省は来年度から、認知症の高齢者などができる範囲で何らかの仕事に就ける環境を整備していく取り組みを、介護保険の地域支援事業のメニューに位置づけます。全ての市町村に置かれている「地域支援推進員」の役割の中に、こうした取り組みのコーディネートを新たに加えるそうです。今年度中に地域支援事業の実施要綱を改正する方針です。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg323.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【介護事業者の倒産、昨年は106件 人手不足や競争の激化で高止まり】

東京商工リサーチは11日、昨年の介護サービス事業者の倒産が106件にのぼったと明らかにした。
100件を超えるのは3年連続。7年ぶりに前年(111件)を下回ったが、依然として高い水準にとどまっている。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg314.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース, 制度改正/法改正情報

【2級ヘルパーのサ責、4月から完全廃止へ 訪問介護の運営基準を見直し 厚労省】

厚生労働省は来年度から訪問介護の運営基準・報酬の一部を見直します。
サービス提供責任者の任用要件をさらに厳格化し、初任者研修の修了者や2級ヘルパーが担うことを例外なく禁じると10日に介護保険最新情報のVol.693を出しました。告示などの改正を行うとアナウンスし、「4月1日から適用する」と明示しました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg313.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【「通常のGWとは違う」 医師会、10連休に警鐘 課題に救急体制や在宅連携】

今年の4月27日から5月6日までの10連休に現場で起こりうる課題について、日本医師会は9日の記者会見で、在宅での緊急対応やかかりつけ医への連絡、病院の救急医療体制の構築、介護施設の人員の確保などをあげました。
横倉義武会長は、「10連休が国民生活の支障とならぬよう、関係機関と連携してしっかりと対応していく」と述べました。

【記事】https://kaigonews.joint-kaigo.com/article-10/pg312.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【障害福祉職員の賃上げ、新加算の配分は事業者に裁量 算定要件も介護を踏襲】

来年10月の改定では、介護職員と同様に障害福祉の現場で働く職員の賃金も引き上げられます。厚生労働省は介護保険でとる措置を踏襲し、障害福祉サービス等報酬に新たな加算を創設して対応する考えです。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg102.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【高齢者の介護保険料を軽減へ 政府決定 1千万人超が対象 来年度から実施】

政府は17日、低所得の高齢者を対象とした介護保険料の軽減措置を来年度から拡充する方針を正式に決めました。消費税率の10%への引き上げで得られる財源から、介護保険の給付費とは別枠で約650億円の公費を新たに投じて実現します。麻生太郎財務相と根本匠厚生労働相が閣僚折衝で合意しました。 ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg96.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【介護職の8万円賃上げ、“業界10年”も可 政府が決定 年収440万円ルールも】

ベテラン介護福祉士らの処遇改善に向けて来年10月に創設する新たな加算について、政府は17日、現場を牽引する「リーダー級の介護職員」を主な対象とする方針を正式に決めました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg94.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース, 制度改正/法改正情報

【処遇改善の新加算、手厚い職員配置で増額 加算率2段階 体制強化加算が要件】

厚生労働省は12日、ベテランを中心とした介護職員の処遇改善に向けて来年10月に創設する新たな加算について、同じサービスの中で2段階の加算率を設定する方針を固めました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg92.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース, 制度改正/法改正情報

【来秋の賃上げ、“リーダー級”の介護福祉士がメイン 業界10年も対象 厚労省】

勤続10年の介護福祉士を中心とした賃上げに向けて来年10月に新設する加算をめぐり、厚生労働省は12日、最も重視すべき人材の対象に“業界10年”の介護福祉士も加えられるようにする方針を決めました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg90.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【「ケアマネが蚊帳の外でいいのか」 NCCU、来秋の介護職の賃上げで異論】

来年10月に行われるベテランの介護福祉士を中心とした賃上げをめぐり、介護業界で働く人でつくる労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が16日に会見し、厚生労働省に異論を唱えました。
居宅介護支援を対象から外す方向で検討していることについて、「介護はチームケアで成り立っている。心情的な軋轢が増大し、現場はもっと大変になってしまう」と問題を提起。「ケアマネジャーには介護福祉士の資格を持っていて経験を積んでいる人が多い。そういう人たちを蚊帳の外に置いていいのか」と再考を求めました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg48.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【とろみ付き飲料の自販機! 介護職員の負担を軽減 施設などで展開へ】

とろみ付きの飲み物も提供できるカップ式の自動販売機が新たに生まれました。
嚥下障害に対応した食品の開発・製造などを手がけるニュートリーが、自販機の設置・運営管理などを展開するアペックスと共同で開発しました。一般的に手作業で行われるとろみ剤の撹拌を自動化。介護職員らの負担軽減につながるとしています。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg32.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【居宅介護支援の損益、多くの事業所が「横ばい」 加算取得は規模の大小で明暗】

福祉医療機構が5日、今年4月の介護報酬改定に関するアンケート調査の結果を明らかにしました。
基本報酬が約1%引き上げられた居宅介護支援の損益をみると、5割から6割の事業所が「横ばい」と回答。医療と介護の連携強化などに向けて見直された加算の算定状況では、在籍するケアマネジャーの数が多いところほど算定率が高い傾向がみられました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg20.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【ベテラン介護福祉士に優先配分 厚労省、処遇改善「新加算」の具体像提案 来秋導入】

厚生労働省は10月31日、来年10月の介護報酬改定に向けた協議を進めている審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)を開催し、介護職員の賃上げの具体的な手法を提案しました。
既存の「処遇改善加算」はいじらず、新たな加算の創設によって対応。勤続10年以上の介護職員がどれだけ働いているかを指標とし、「処遇改善加算」のようにサービスごとの加算率を設定するという仕組みを描いています。
厚労省はこれから詳細を詰め、年内に具体像を固める予定です。

ぜひご一読ください。

【記事】https://articles.joint-kaigo.com/article-9/pg16.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【介護報酬改定で自立支援のインセンティブ強化 政府方針 通所介護など対象】

「全世代型」社会保障への改革を目指す政府は22日、未来投資会議で健康寿命の延伸や病気・介護の予防を俎上に載せました。
安倍晋三首相はこの中で、自立支援・重度化防止の観点から介護事業者に積極的な取り組みを促すインセンティブ措置を大幅に強化する方針を表明。
「ずいぶん前から議論されてきたこと。今日までそのままになったが、やっとこれを実現できる時を迎えている。また、そうしなければならない」と意欲をみせました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://headlines.joint-kaigo.com/article-8/pg1128.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【来年の賃上げ】厚労省、介護職以外も対象にする方針 処遇改善とは別加算で対応

来年10月に実施する賃上げについて、厚生労働省は介護の現場を支えている介護職員以外の職種も対象に含める方針を固めました。
事業者の判断でケアマネジャーや栄養士、事務員などにも一定のリソースを振り向けられるようにするそうです。既存の「処遇改善加算」とは別の加算により対応する考えで、15日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)の会合で提案し、委員から大筋で了承を得ました。

ぜひご一読ください。

【記事】https://headlines.joint-kaigo.com/article-8/pg1121.html

介護に関するニュース

介護に関するニュース

【「困窮者を把握したら相談の勧奨を」 自立支援制度との連携、自治体や包括に要請】

今年の通常国会で6月に成立した改正法にもとづき、経済的に行き詰まった人などを支えるための「生活困窮者自立支援制度」が今月から見直されている。
厚生労働省はこれに対応する形で、介護保険制度の施策との連携を深める観点から自治体に発出していた通知(技術的助言)を改正。2つの制度を有機的に結びつけ、切れ目のない包括的なサポートを展開するよう改めて呼びかけました。
介護保険最新情報のVol.684で周知しています。

ぜひご一読ください。

【記事】https://headlines.joint-kaigo.com/article-8/pg1111.html

古い投稿ページへ