介護サービスごとの仕事内容 はどう違う?

介護サービスごとの仕事内容 は?
一言で介護サービスといってもその種類は多様化していて、仕事内容もさまざまです。今回は、介護サービスごとの仕事内容 にスポットを当ててご紹介していきます。介護のお仕事をはじめてみたい方、現在介護のお仕事をしているけど自分に合っているのか悩んでいる方、よかったら参考にしてみてください。

●入居型介護サービス

特養、老健、有料老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者住宅などが主な働く場所になります。各施設によって介護の度合いも違ってきますが、利用者さんが実際に入居して生活する場所なので、24時間365日体制でのサービスが必要になります。そのためシフト制で夜勤もある場合が多いでしょう。
日々の仕事内容は、起床して着替え、排泄、食事、服薬などの介助にはじまり、日中は利用者さんによってレクリエーションやリハビリなどを行います。夜は入浴介助、食事介助、着替え介助などを行い、利用者さんの就寝後は見回りやナースコールがあればすぐに対応できるよう待機します。
入居型は利用者さんの入れ替わりが少なく、昼夜を通して長い時間一緒に過ごすので個人個人の好みや個性も把握しやすく、信頼関係も生まれやすいようです。

●訪問型介護サービス

訪問型介護サービスは利用者さんのお宅に伺い、介護度に合った日常生活の手助けをします。身体的介護サービスと生活介助サービスがあり、実際に身体に触れる身体的介護サービスは、着替え介助、入浴介助、おむつ交換やトイレ介助、食事の介助などで、生活介助サービスは洗濯や食事の準備などの家事をサポートしたり通院などの外出時のサポートをしたりします。住み慣れた自宅で介護サービスを受けられるので利用者さんのストレスが少ないことがメリットです。決められた時間内でのサービスなので勤務時間の調整がしやすく、子育て中の主婦やダブルワークの方でも比較的働きやすいようです。たくさんの人と接する入居型や通所型と違って一対一でのサービスになるので細やかなサービスが提供しやすいですし、他のスタッフを気にすることなく自分のペースで仕事ができる環境を作りやすいことも魅力のひとつです。

●通所型介護サービス

普段は自宅で暮らしている利用者さんが日中日帰りで施設に通って過ごすのが通所型介護サービス(デイサービス、デイケア)です。自宅にこもりがちな利用者さんの生活向上やその家族の負担を軽くします。
デイサービスの仕事内容は、利用者さんの送迎、施設での食事介助や、排泄介助、必要であれば入浴介助も行います。また、機能訓練やレクリエーションなどのアクティビティも重要な仕事のひとつです。基本的には昼の間だけのサービスなので夜勤はありませんが、日中の決められた時間内に業務を行わないといけない為、効率的な対応が求められます。デイケア(通所リハビリテーション)では、リハビリが必要な方や医療的なケアが必要な方が通ってくるので、医療や理学療法などのより専門的な知識が身につきます。比較的介護度の低い方が多いので会話やレクをするのが得意な方は通所型介護施設が向いているかもしれません。

いかがでしたか?今回は代表的な介護のお仕事を3つ紹介しました。基本的にどのタイプのサービスでも利用者さんの身体的サポートは共通していますが、介護施設によって働く時間や場所、業務内容はさまざまなようです。『夜勤で稼ぎたい』、『昼の短時間だけ働きたい』、『少人数で働きたい』、『大きな施設で働きたい』など…
自分の希望する働き方に介護施設の特徴を組み合わせて、どんな仕事が合っているかを考えてみるといいでしょう。

また、どの介護のお仕事にも共通しているのが介護事務作業です。
介護事務には介護保険の請求業務や利用者さんの日々の状態の記録などがあります。
ナーシングネットプラスワンはそんな日々の事務作業の負担を軽くするために作られた介護ソフトです。ASP型(クラウド型)なのでインターネット環境があればどこでも場所を選ばず利用できます。
全てのお客様に無料お試し期間を設けていますのでお気軽にお試しください♪