うちの家庭にはどんなタイプ介護が合うの?
~介護の種類と特徴~

うちの家庭にはどんなタイプ介護が合うの?
~介護の種類と特徴~

高齢化が一段と進み、
利用者の増加に伴い多様化している介護サービス。
利用者やその家族の生活スタイルに合わせて、
介護サービスを選ぶことができます。

今回は、介護サービスの種類と特徴を紹介します。

■訪問介護サービス

ホームヘルパー(訪問介護員)が利用者の自宅に訪問して行う
訪問介護のサービスでは、ヘルパーさんが食事や洗濯などの家事や、
利用者の身体状況に合わせて排泄や入浴のお手伝いを行います。
また、通院や買い物などの外出する際のサポートもあります。

【特徴】

訪問介護の大きな特徴は、やはり「自宅でサービスを受けることができる」ことです。
デイサービスに通う場合や、施設に入居する通う場合、慣れない場所で
サービスを受けることになるため、抵抗を感じる利用者もいるようですが、
訪問介護の場合、住み慣れた自宅でサービスを受けることができるため、
利用者の精神的な負担が比較的軽くなるようです。

【こういった方におすすめ】

・家族と離れて1人暮らしの高齢者
・住み慣れた自宅でサービスを受けたい方


■通所介護サービス
(デイサービス)

通所介護(デイサービス)は、利用者が定期的に
デイサービスセンタ―などに通い、食事や入浴、心身の健康維持のための
レクリエーション等のサービスを受けることが出来ます。

【特徴】

通所介護(デイサービス)の大きな特徴は、
介護スタッフや、他の利用者などの他者とのコミュニケーションをとることで、
心身の健康維持や図れる点です。
デイサービスを利用することで、新たな生きがいや楽しみを見つけ
いきいきと生活できるようになる利用者も多いようです。
また、同居している家族が仕事などで日中家を空けることが多い場合でも
デイサービスを利用することで、家族も安心感を得ることができます。

【こういった方におすすめ】

・同居している家族が日中家を空けることが多い方
・他者とコミュニケーションをとるのが好きな方
・普段、外出する機会があまりない方


今回は、訪問介護と通所介護のサービスの特徴について紹介しましたが
利用者や家族の生活スタイルに合わせて、
ショートステイなどの短期間のお泊りサービスの需要も高くなっているそうです。

また、生活のサポートだけでなく、リハビリも受けることができる
訪問リハビリや通所リハビリのサービスも需要が高まっているようです。

ケアマネージャーさんとよく相談し、利用者本人や家族の生活環境に合った
介護サービスを選んで、より良い生活ができることが理想ですね。


介護ソフト「ナーシングネットプラスワン」では、
訪問介護や通所介護のサービスはもちろん、
ショートステイなどの短期入所型のサービスにも対応しています!